HAROiD

  • news
  • message
  • service
  • recruit
  • about us
  • 2016.7.7
    HAROiDが手がける前代未聞の「視聴者同時参加CM」第一弾!「みんなでクラッシュ!氷結®GET」
  • 2016.6.14
    総務省公募「IoTサービス創出支援事業」委託先候補としてHAROiDが決定
  • 2016.6.6
    HAROiDアカウント200万突破!
    約半年で倍増
  • 2016.2.26
    TVがはじめる新しいポイントサービス
  • 2016.2.23
    SENSORS IGNITION 2016 へ出展および
    新サービス発表のお知らせ (2016.2.26)
  • 2016.1.15
    TECH BLOG スタート!
    エンジニアが持ち回りで最新テクノロジーや
    自社サービスなど、情報発信していきます
2015.12.7
HAROiDアカウント100万突破!
FIFAクラブワールドカッブ参加企画など続々登場
2015.11.19
電通報掲載「テレビの新しい価値を生みだすHAROiD設立の思い」(後編)
2015.11.17
全国でのリアルタイム投票企画展開に向けてCGテロップ会社大手3社とシステム連携
2015.11.17
InterBEE2015に出展(2015.11.18~20まで)HAROiDプラットフォーム・TOVY等展示
2015.11.16
3Dデジタルトイ “TOVY” 登場。テレビとネットを縦横無尽にトビまわる
2015.11.13
メディアキャストと協力関係 全国の放送局・CATV局へ利用促進を目指す
2015.11.12
電通報掲載「テレビの新しい価値を生みだすHAROiD設立の思い」(前編)
2015.11.9
新企画「NAGARAMIエクササイズ」スタート スマートフォン利用の新感覚エクササイズ
2015.9.29
日本テレビ放送網株式会社よりJoinTVの運営を引き継ぎます
2015.7.15
電通とビーマップを引受先とする第三者割当増資を本日付けで実施いたしました
2015.7.10
メディア掲載【IT Pro】「未来にチャレンジしたい」日本テレビとバスキュールが合弁会社を設立
2015.6.29
メディア掲載【MarkeZine】「テレビを舞台に、1億人がインタラクティブにコミュニケーションを行う世界を創る」HAROiDの挑戦
2015.5.25
メディア掲載【東洋経済ONLINE】日テレ新会社は「ネットとテレビの接着剤だ」
2015.5.25
日本テレビとバスキュールの合弁会社「株式会社HAROiD」を設立いたしました

安藤 聖泰(代表取締役社長)

ここ数年、スマートデバイスの普及により人々の生活が大きく変化する一方、世代によって利用するデバイスの多様化が進んでいます。
スマートフォンやPCをメインにコンテンツに接する方もいれば、テレビしか使わない方も多く、もはや単一デバイスで国民全体をカバーすることは難しい実情です。
今後、全てがスマートフォンだけに一本化されることは無く、テレビを含む様々なデバイスを想定し、幅広い世代が利用できるIoT社会を前提にした取り組みが必要と言えます。
HAROiDのチームはネットでのクリエイティブやテクノロジーにとても精通しているメンバーが揃っています。一方で、リビングルーム最大のスクリーンであり同時に最大リーチメディアであるテレビのネット領域における業界トップレベルのノウハウが強みでもあります。
ひょっとすると将来、「テレビ」が「大きな液晶デバイス」ではなく一つの「アプリ」を指す時代が来るかもしれません。そしてその頃には「大きな液晶デバイス」は、また違う役割も担っているかもしれません。
その「アプリ」に対しても「大きな液晶デバイス」に対しても、私たちは新しいエンターテイメント&コミュニケーションサービスを開発・提供し、多くのユーザーやサービス提供者に有益性・利便性をもたらしていくつもりです。
私たちHAROiDは、テレビが生み出してきた価値や果たしてきた役割を改めて見つめ直すとともに、放送コンテンツ・動画配信の楽しみ方や可能性を果敢にアップグレードしていきます。

小野寺 正実(HAROiD PF開発 プロダクトマネージャー)

インターネットの特性である双方向性をもったサービスが、テレビというリアルタイムにとても多くの人々が視聴しているメディアと密接につながり展開していくことは、これまでにない体験、コミュニケーションを提供できる可能性を秘めています。
一方でテレビはその特性上、システムは高スパイク/高負荷に対応する必要があり、リアルタイム性が求められます。その場合、サービス開発の難易度やコストは無視できません。
HAROiDではそれらの問題を解決するためにリアルタイム、スケーラブルで高可用性、低コストなプラットフォームを提供していきます。
一般家庭のリビングに鎮座するテレビが変化すると、その先も変化は大きなものになるはずです。
私たちはプラットフォームを通じて、サービス開発を支え、新たな価値を提供していきます。

岸 遼(TOVY開発 ディレクター)

TOVYはテレビとユーザーをつなげるデジタルトイです。これまでテレビの視聴者参加企画では、数字や文字、グラフといった無味乾燥な表現でしか視聴者の情報をフィードバックすることができませんでした。それに対して、TOVYを利用することで、これまでできなかった“楽しい”データビジュアライゼーションを我々は実現します。また、それと同時に、閉じた自社サービスではなく、誰にでも自由に使えるキャラクターとしてオープン化することで、テレビ・web・イベント、場所を問わず活躍する存在へとTOVYを発展させたいと考えています。

HAROiD プラットフォーム

複数の高スパイク/高負荷型デバイスのアプリケーションに対応する分散型アーキテクチャを採用し、また共通アカウントを通じ、複数のプロバイダーと複数のプロジェクトのプライバシーを一括管理するID管理体系を採用しているプラットフォームサービスです。

サービス事業者、コンテンツ事業者の皆様は、HAROiDプラットフォームをご利用されることで2週間後に放送される参加型テレビ番組を企画することが可能となり、手間の掛かるバックエンドシステムを忘れて番組企画に集中することができます。

HAROiDアカウント登録はこちら

TOVY

TOVYはテレビとユーザーをつなげるデジタルトイです。
あなた好みにデザインしたTOVYが、
テレビ番組やイベントであなたに代わり活躍します。

TOVYホームページはこちら

ニュースリリース 『3Dデジタルトイ ”TOVY” 登場』

テレ票

いますぐ投票企画をやりたくなった!そんなときにいつでも使える安価な投票パッケージです。「スッキリ!!」などのレギュラー番組で毎日運用されていて、300放送回以上の利用実績もあります。

利用実績例(右図):
全国ネット情報バラエティー番組のデイリー投票企画
日本テレビ放送網株式会社樣「スッキリ!!」
毎週月曜〜金曜 8時00分〜10時25分放送中

心を動かす未来コミュニケーションをつくりたい。

技術が進歩してどれほど便利になっても、人々の「つながりたい」という想いは変わりません。だからこそHAROiDは、今までにない、今まで以上につながることができるこれからのコミュニケーションを創造します。
まずは私たちとつながって、テレビを通じた新しい体験を一緒に提供していきませんか。

募集職種

開発エンジニアを募集
JavaScriptエンジニアを募集
インフラエンジニアを募集
マークアップエンジニアを募集
Webディレクターを募集
経理担当を募集
  • テレビがコミュニティになる。
  • テレビがテーマパークになる。
  • テレビで選挙ができる。
  • テレビで診察してもらえる。
  • テレビから食材が届く。
  • テレビと車がつながる。
  • テレビで実家に送金できる。

いずれも、HAROiD設立にあたって掲げていた目標です。
テレビを、老若男女を問わず、情報を受発信できるスマートデバイスにアップグレードし、
人々の生活を豊かにするサービスを生み出すお手伝いをすることが私たちのミッションです。

テレビは影響力の大きなメディアなだけに、簡単なチャレンジではありません。
同じ思いをもつ方々とのコラボレーションが不可欠です。
未来のテレビをはじめ、さまざまなスマートデバイスを横断する、
新しいサービス、広告、エンターテイメントを生み出したいと考えている企業やクリエイターの皆様、
HAROiDとともに未来を創造しませんか?

次のコミュニケーションを見つめる皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

会社概要

社名
株式会社HAROiD(英文表記 HAROiD Inc.)
代表取締役社長
安藤 聖泰
本社所在地
〒105-7111
東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
設立
2015年4月
資本金
5100万円
株主
日本テレビ放送網株式会社
株式会社バスキュール
株式会社電通
株式会社ビーマップ
スタッフ数
23名(2016年1月現在)
お問い合わせ
info@haroid.com